世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるの仁科久美 敢太郎 潤さんの感想

過去をくよくよと後悔せる、未来にとめどなく不安を抱く。そんな気持ちが脳を披露させるらしい。脳を休める方法は「今、ここ」を意識しながら瞑想することらしい。「Be hear now」だ!面白い!
★5 - コメント(0) - 2月1日

感想・レビュー投稿者

83冊/22254ページ/39レビュー/男性

仁科久美 敢太郎 潤さんの最近の感想・レビュー

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)
映画『砂の器』を思い出す。元ハンセン病患者の老婦人と服役経験がありどら焼き屋主人との心の交流を描く。…続きを読む
おばさん未満 (集英社文庫)
女性の40代って本当にビミョー。身体の老化を自覚しつつ、気持ちはおばさんになれない。日本の社会は「若…続きを読む
きみは赤ちゃん
もうすぐ大学生になる長男が春になると巣立つ。それを思いつつこの本を読むと泣けてくる。本当に弱く無力で…続きを読む
獄門島 (角川文庫)
文字で読むと、何だかつまらなくなった。映像向きだよねと、つくづく感じる。市川崑監督は凄かった、あの頃…続きを読む
娼年 (集英社文庫)
女性に身体を売るリョウは優しい。あらゆる年代のあらゆる欲望を、受け入れる。欲望は人それぞれで千差万別…続きを読む
三四郎 (新潮文庫)
先日、声優さんたちが夏目漱石を読む朗読劇「三四郎/門」を観劇するために、読んだ。漱石は「それから」も…続きを読む
ログイン新規登録(無料)