昭和元禄落語心中<完> (KCx) 10巻のヒトコさんの感想

再読。若い時、兄弟弟子でありライバルであり友でもあった助六と、自分との関係の腹いせの様に助六と一緒になったみよ吉を不幸な事故で失った八雲師匠。その死の責任に囚われながら、先代師匠から八雲の名を受け継ぐ事を決意し、助六夫妻の忘れ形見小夏を育てた彼の生涯は、業の深いものだったかもしれない。でも、だからこそ、与太を弟子として育て、小夏から信ちゃんへと、話芸とともに人としての情も繋いでいったのだなぁ。与太の落語家として人としての成長と、高座に上がる信ちゃんの姿に、それを深く感じた。
★8 - コメント(0) - 2月3日

感想・レビュー投稿者

2273冊/417901ページ/686レビュー/女性/主婦

ヒトコさんの最近の感想・レビュー

九十歳。何がめでたい
「女性セブン」に2015年4月から翌年6月まで連載されたエッセイ。90代になられても過去の著作からの…続きを読む
ロマンス、貸します (ディアプラス文庫)
真面目に一所懸命になればなるほど、おかしな例えを口にしたり噛み合わない会話になったり、笑いをこらえな…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~赤~
この作品、志緒くんが社会人になるまで描かれるとは思わなかった。でもその頃どうなってるんだろうと気にか…続きを読む
翻訳できない世界のことば
みなさんの読メ感想を読ませていただいて見つけた一冊。図書館で予約してやっと読めました。どの言葉もきっ…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~
同人誌などに発表された短編をまとめた一冊でした。本編では唐突に思えた志緒に対する桂先生の想いが描かれ…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく (ディアプラス文庫)
しばらく積んでいた「赤」と「青」を読む前に電子本にて再読。書店平積み表紙買いで一穂ミチさんと出会った…続きを読む
ログイン新規登録(無料)