あこがれのともちさんの感想

川上さん3作品目。『ヘブン』が私にはちょっとヘビーだったため、しばらく距離を置いていた。しかし本作品は面白く読めた。ちょっと西加奈子さんの作品のようにも思えた。小学生の麦くんとヘガティー。それぞれに気になるものがあり、どうしてよいのかわからないモヤモヤした状態を経験する。一人では出来なくても二人なら勇気を出して一歩進める。そんな二人の関係が可愛らしくて応援したくなる。川上さんが丁寧に紡ぎだす言葉の一つ一つがとても瑞々しくてスッと心に落ちていく感覚が心地よかった。
★27 - コメント(0) - 2月3日

感想・レビュー投稿者

408冊/120311ページ/218レビュー/女性/主婦

ともちさんの最近の感想・レビュー

働く男
星野源の頭の中を見ているようだった。「歌う男」「書く男」「演じる男」どれも一生懸命。写真あり、イラス…続きを読む
戦場から女優へ
知的で明るいイメージのイラン人タレント、サヘル・ローズさん。イラン・イラク戦争の空爆からただ一人救出…続きを読む
凍りのくじら (講談社文庫)
章ごとにドラえもんの様々な道具が出てくる。理帆子や郁也、別所あきらにもドラえもんがそばにいたら良かっ…続きを読む
実験する小説たち: 物語るとは別の仕方で
「実験小説」面白そう!と図書館で手にしたが、初心者の私には格の違いを思い知った感じ。主に外国作品だっ…続きを読む
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
感情の起伏が少ない主人公「私」が淡々と語るので初めは睡眠導入本と化していた(失礼)。じわじわと降り積…続きを読む
モサ (ダ・ヴィンチブックス)
読メで気になったので。本当は好きなのに、相手も自分のことを好きでいてほしいけれどそうじゃなかったらイ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)