働く男のまつげさんの感想

最近ハマった星野源さん。彼がくも膜下出血で倒れる前の「働きつづけることが自分のアイデンティティだった。働いていないと不安になり、仕事場で出会う人とのコミュニケーションでしか相手に興味がわかず、仕事での達成感のみが生きる希望だった。」という考え方が、今の自分の考え方と重なり過ぎていて少し考え直す必要性を感じています。この本が出版されたあとの作品(しかもCD)ですが、アルバム『YELLOW DANCER』は本当にオススメです。ちょっと中毒性すらある。これからも源さんらしく、楽しく仕事をして欲しい。
★41 - コメント(0) - 2月4日

感想・レビュー投稿者

154冊/50421ページ/女性/21/大学生・院生

まつげさんの最近の感想・レビュー

ドミノ (角川文庫)
恩田陸さん2作目。まだ、たったの2作品しか読んだことないのにこんなこと言うのもおこがましいのですが、…続きを読む
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
書店が恩田陸さんと森絵都さんパラダイスと化していました。これはタイトルが可愛かったのと、表紙が好きだ…続きを読む
エイジハラスメント (幻冬舎文庫)
内館牧子さん初読み。お名前を聞いたのすら初めてだったのであんまり期待してなかったのですが、起承転結の…続きを読む
火花
「やっと読んだの!?」と思われても仕方ないと思えるほどに、本当にやっと、ようやく読むことができました…続きを読む
チョコレートコスモス (角川文庫)
世の中にこんな小説があっていいものか。550ページを超える長編だとはとても思えないようなスピード感。…続きを読む
植物図鑑 (幻冬舎文庫)
知人から「映画で観たんだけど、よく意味が分からなかったから解説してほしい」と言われたので、映画ではな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)