別冊カドカワ 総力特集 aikoのまつげさんの感想

購入してから、気が付けばもう2年半以上が経ってしまいました。買ったはいいけど読んでしまうのがもったいなくてなかなか読めず、ずっと本棚に並べたままになってた一冊。「泡のような愛だった」の曲目解説や朝井リョウの『アスパラ』を読みながら、改めてaikoの曲を聴き返してみたけれど、本当に全部が名曲だなと思える。松任谷由美からのメッセージやナイナイ岡村との対談、15人の芸能人aikoファンからの質問コーナーなどを読んでいると「aikoって本当にみんなから愛されてるんだなあ」と実感できてとても嬉しかったです。
★8 - コメント(2) - 2月5日
Emperor
まつげさんが表紙だ!・・・(笑)
★1 - 02/05 19:07

まつげ
Emperorさん なんてこと…!違うのに、嬉しすぎて思わずニヤけてしまいました…!(笑)
★1 - 02/05 19:59


感想・レビュー投稿者

154冊/50421ページ/女性/21/大学生・院生

まつげさんの最近の感想・レビュー

ドミノ (角川文庫)
恩田陸さん2作目。まだ、たったの2作品しか読んだことないのにこんなこと言うのもおこがましいのですが、…続きを読む
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
書店が恩田陸さんと森絵都さんパラダイスと化していました。これはタイトルが可愛かったのと、表紙が好きだ…続きを読む
エイジハラスメント (幻冬舎文庫)
内館牧子さん初読み。お名前を聞いたのすら初めてだったのであんまり期待してなかったのですが、起承転結の…続きを読む
火花
「やっと読んだの!?」と思われても仕方ないと思えるほどに、本当にやっと、ようやく読むことができました…続きを読む
チョコレートコスモス (角川文庫)
世の中にこんな小説があっていいものか。550ページを超える長編だとはとても思えないようなスピード感。…続きを読む
植物図鑑 (幻冬舎文庫)
知人から「映画で観たんだけど、よく意味が分からなかったから解説してほしい」と言われたので、映画ではな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)