世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのSusumu Tokushigeさんの感想

今度の読書会の課題本が『休息』に関する本なので、最近売れている本書を読むことに。基礎的なことを図解説明しているので、分かり易い。が、実践は難しいなぁと読み進めていたら、突然小説が始まり戸惑う。最近、小説で解説するパターンの本が多いが、本書は洗練されていて面白い。ヨーダが『スーパー!!』を多用しているが、某海賊の一味のロボットを思い出す。小説の主人公が脳科学を熟知している前提なので、さらっと解説する部分に付いていけない事が多い。難しいと思う部分は、小説前の解説を読むと良い。ゆっくり実践しつつ学んで行きたい。
★20 - コメント(0) - 2月5日

感想・レビュー投稿者

1089冊/265335ページ/男性/42/IT関係

Susumu Tokushigeさんの最近の感想・レビュー

人工知能に負けない脳 人間らしく働き続ける5つのスキル
人工知能関連の情報収集を目的として読む。人間が人工知能に勝る点と劣る点を挙げ、人間の勝る点を活かした…続きを読む
仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方
前作『職場の問題地図』と同じく、付録の【仕事の問題地図全体マップ】が素晴らしい。正に現状構造ツリー(…続きを読む
まるわかり! 人工知能 最前線(日経BPムック)
人工知能関連の情報収集を目的として読む。表題に『日経コンピュータ』とあるので、読み手は多少のIT関連…続きを読む
この国のかたち〈6〉 (文春文庫)
司馬遼太郎『二十一世紀に生きる君たちへ』を題材にした読書会を前に、予習として司馬さんの本を読む。随想…続きを読む
この国のかたち〈5〉 (文春文庫)
司馬遼太郎『二十一世紀に生きる君たちへ』を題材にした読書会を前に、予習として司馬さんの本を読む。本書…続きを読む
この国のかたち〈4〉 (文春文庫)
司馬遼太郎『二十一世紀に生きる君たちへ』を題材にした読書会を前に、予習として司馬さんの本を読む。日本…続きを読む
ログイン新規登録(無料)