岸辺露伴は動かないのNobuko Hashimotoさんの感想

展覧会「ルーヴルNo.9」で「岸辺露伴ルーヴルへ行く」を見てきたと聞いて、母のお許しが出たと思ったか、男児らがブックオフで買ってきたのをうっかり読む。荒木氏の漫画は初めて。昔の劇画タッチなのが新鮮。あらすじ紹介にはさまざまな「恐怖のエピソード」と書いてあるが、そうか? どちらかというと笑っちゃっうのだが。。「六壁坂」はグロくてうわぁ、、、、最後の「岸辺露伴 グッチへ行く」はスタイリッシュ。おかしなポーズがグッチの服とよく合っている。
★25 - コメント(3) - 2月6日
SSD
こういう便乗商売もあります。https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100000831657/ 行ったけど逆に萎えました。が他にも同様のお店多数。
★1 - 02/06 21:08

SSD
さらにこんなことを真面目にやってる人々が四半世紀前からwhttp://kajipon.sakura.ne.jp/jojo.htm
★1 - 02/06 21:08

Nobuko Hashimoto
ジョジョ立ちのページは見たことがあります! 男児がおかしなポーズで私の目の前に立つので、なにやってんのと聞いたらジョジョ立ちだと言って知りました。面白いですよね。^^
★1 - 02/06 22:23


感想・レビュー投稿者

896冊/224544ページ/506レビュー/女性/教員

Nobuko Hashimotoさんの最近の感想・レビュー

コルチャック先生 (岩波ジュニア新書 (256))
コルチャック先生は、ポーランドの著名な作家、教育者、医者で、孤児院を創設し、1942年にユダヤ人の子…続きを読む
ヘンな論文
あまりに面白くて、よそさまで書かせていただいている書評コーナーでも激しくおすすめ。トンデモ論文を集め…続きを読む
ルポ 難民追跡――バルカンルートを行く (岩波新書)
2015年、欧州に大挙して押し寄せた難民の大移動に新聞記者である著者が同行したルポ。ただし、記者は難…続きを読む
アウシュヴィッツの図書係
実話をもとにしたフィクション。舞台がアウシュヴィッツなので信じがたい残酷な情景も出てくる。耐えがたい…続きを読む
シェア空間の設計手法
若い人向け共同住宅だけではなく、幅広い事例を取り上げている。図面には人や家具なども描き込まれているの…続きを読む
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
なんと6巻発行から2年! そうでしょうね、これだけ調査をするには2年でも短いくらいですね。このシリー…続きを読む
ログイン新規登録(無料)