とんがり帽子のアトリエ 1巻のひじりんぬさんの感想

児童文学を思わせる極めて良質な王道ハイファンタジー。(これまでのところ)綿密な設定、(同じくこれまでのところの)話の流れ、そして話題になったコマ割りを始めとした構図などどれをとっても文句のつけようがないほどの作品で、これからの展開がとても楽しみである。この調子でいけば、2010年代を代表する作品になることは疑いない。
★12 - コメント(0) - 2月8日

感想・レビュー投稿者

373冊/115543ページ/男性/39/その他

ひじりんぬさんの最近の感想・レビュー

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
下巻まで通しの感想を。リアリティはなきに等しい。例えば憲兵の描かれ方は、あれで拷問を受けるどころか北…続きを読む
図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)
「言葉」に対する圧倒的なアプローチが実に見事で、一文字も漏らさぬように読み尽くさなければならないと感…続きを読む
ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)
有栖川有栖の中でも異色の短編集。森下君の話と火村の猫のエピソードがお気に入り。続きを読む
全国国衆ガイド 戦国の‘‘地元の殿様’’たち (星海社新書)
全国514氏の国人領主(本書では「国衆」)の簡単なプロフィールがずらっと並べられており、中世史好きに…続きを読む
珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
このシリーズは悪く言えば荒削り、良く言えば豪快な文体であったが、源氏物語を軸に据えた所為か、それとも…続きを読む
逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)
面白いと聞いたのでドラマを見る前にとりあえず読んでおこうと目を通した作品。思った以上に面白く、8巻ま…続きを読む
ログイン新規登録(無料)