世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのイケダ アイさんの感想

普段なにもしなくても無意識に考えてしまっている、いわゆる「雑念」。これが多い人ほど脳が疲れやすい。一日ぼーっとして過ごしても、ゆっくり温泉なんかに行っても、身体を休めたのにどこか癒やされない。そんな貴方にピッタリの本です(ちなみに私は思いっきり当てはまりました)。 まあ読んだからといって即改善するわけではなく、そこが難しいところなのですが、内容はアメリカの最新の精神医学に裏付けられたものです。眉唾な書ではないといえます。
★12 - コメント(0) - 2月8日

感想・レビュー投稿者

152冊/42360ページ/男性/44/役員・管理職

イケダ アイさんの最近の感想・レビュー

成功者K
これは『人間失格』以来の究極の私小説だ。とでも断言したくなる小説でした。男の成功に性交は付きもの。と…続きを読む
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
ホリエモンの善し悪し・好き嫌いについてはここでは書かないが、これは噂に違わぬ良い本だった。気性の荒い…続きを読む
冒険者カストロ (集英社文庫)
盟友チェ・ゲバラは死んだけど、カストロはキューバ革命後も君臨し続けた。そこからキューバ危機までを描い…続きを読む
茗荷谷の猫 (文春文庫)
純和風の話はかなり苦手な部類だったのに、この木内さんの小説に出会ってから断然好きになりました。凄まじ…続きを読む
世界で働く人になる!
中高生の息子に読ませようとまずは自分で読んでみたところ、とても良かった。ターゲットは大学生や新人社会…続きを読む
偽装中流
本書の表題は2章終わりの2行に集約されている。「実際には下流であるにもかかわらず、自らを中流と思い込…続きを読む
ログイン新規登録(無料)