夜の淵をひと廻りのzepさんの感想

zep
悪意のオンパレードなのに、不思議と読後感は悪くない。パトカーに乗れなくなった異能の警官、シド(どんな漢字?)巡査の制服捜査。シドの定年退職、相棒の相澤と養子の佐知の成長、クラマ警視の昇進で時間の流れを感じさせ、最後もうまくまとまっているが、これで終わりならばちょっと残念。山王子シリーズとして再登場希望。コスプレのトリトンネタ等サブカル系のネタも私のツボ。「ぼくは猿の王子様」は切なすぎる話。「こちらあみ子」を思い出してしまった。
★3 - コメント(0) - 2月8日

感想・レビュー投稿者

zep
209冊/67257ページ/206レビュー/男性/教員

zepさんの最近の感想・レビュー

キング&クイーン (講談社文庫)
なるほど、裏表紙でアンディに「キング」ってルビがふってあるのはそういう意味だったか。一方のクイーンは…続きを読む
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
旧日本陸軍内では異端視される諜報活動。その活動を担当するD機関の静かな活動を描く。困難なミッションに…続きを読む
マスカレード・イブ (集英社文庫)
『マスレカレード・ホテル』の前日譚だけど、どちらを先に読んでもまったく問題ないという希有なセット作。…続きを読む
マスカレード・ホテル (集英社文庫)
犯罪を未然に防ぐため一流ホテルにホテルマンとして潜入した警視庁捜査一課の刑事と、彼を教育&サポートす…続きを読む
恐怖小説 キリカ
作者が自分自身を主人公にしたフェイク・ドキュメンタリー....とわかってはいるんだけど、まさしく「恐…続きを読む
溝猫長屋 祠之怪
毎年三月十日の時点で最年長の男の立ちは、長屋の守り神的な祠を毎朝拝むことが慣習となっている溝猫(どぶ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)