労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かるのpiroさんの感想

長時間労働が社会的に騒がれている中、キャッチーな一冊です。個人的には常日頃から考えている事(実現はできてないけど…)が多く書かれていたので、新鮮さはなかったものの内容的には概ね共感。「残業削減したけど増益!」的な成功事例が挙げられてますが、別に一時的には減益だって良いでしょう。その位の覚悟が必要。企業にとって大切なのは目先の利益よりもサスティナビリティだと思うし、それが社員・社会の幸せに繋がる訳ですから。今までの延長線上の「改善」ではダメで、イデオロギーを変える、まさに「革命」が必要だと思います。
★5 - コメント(0) - 2月11日

感想・レビュー投稿者

146冊/43298ページ/男性

piroさんの最近の感想・レビュー

明日の記憶 (光文社文庫)
50歳、会社では営業部長、一人娘はもうすぐ結婚と言う人生後半の一つのピークで、若年性アルツハイマーと…続きを読む
ローマ人の物語〈29〉終わりの始まり(上) (新潮文庫)
五賢帝最後を飾るマルクス・アウレリウスを中心とした巻。帝国最盛期である五賢帝時代なのに「終わりの始ま…続きを読む
櫛挽道守 (集英社文庫)
幕末、山深い木曽・藪原宿。櫛引の名手である父に憧れ、自らも櫛引を目指す娘・登瀬の物語。女が家業を継ぐ…続きを読む
エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)
旧ソ連、バルト三国の一つと言う程度の知識しか無かったエストニア。ソ連を始めとする隣国に蹂躙された歴史…続きを読む
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
ちょうど先日大阪に行ってきたばかりなので、大阪城周辺の街の様子が眼に浮かぶ様でした。奇想天外だけど、…続きを読む
一分間だけ (宝島社文庫)
ウチにも犬がいますが、犬の素直さ、忠実さは本当に愛おしく感じます。散歩の時に「ちゃんといっしょにある…続きを読む
ログイン新規登録(無料)