世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのまじmakiraさんの感想

「DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)」について知ることができたことが大きい。要は、脳の「アイドリング」を止めねば、疲れは取れない。歩行瞑想で「自動操縦」を止め、不安を「エクアニミティ(平静)」で穏やかに受け容れ、そして何より、寝る前のマインドフルネス瞑想を少しずつ長くしながら練習。そんな風に、本書の学びを活かした、自分なりの休息法を確立したい。
★18 - コメント(0) - 2月12日

感想・レビュー投稿者

447冊/175210ページ/男性/38/専門職

まじmakiraさんの最近の感想・レビュー

宇喜多の捨て嫁
世は下剋上。主家である備前・浦上家を巡り、時代と生い立ちの宿命を正面に受けて謀を撃ち続ける宇喜多&q…続きを読む
罪の声
グリ森事件をモデルに、知らぬ間に「罪の声」の主に仕立て上げられた子どもたちのその後を追う。フィクショ…続きを読む
高熱隧道 (新潮文庫)
黒部第三発電所建設のための軌道トンネルと水路トンネル貫通に向けた、峡谷の自然の猛威との戦い。戦前の日…続きを読む
水滸伝 5 玄武の章 (集英社文庫 き 3-48)
北方水滸・楊令再読(5/34)覚悟を決めずしては読めない第五巻。梁山泊の同志が迎える初陣ともいえる二…続きを読む
水滸伝 4 道蛇の章 (集英社文庫 き 3-47)
北方水滸・楊令再読(4/34)続きを読む
ハリー・クバート事件〈下〉 (創元推理文庫)
予想を超える結末…。うん、帯の前評判の額面通りに満足した。作家が作家を追いかけ、そこに…続きを読む
ログイン新規登録(無料)