400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術のKAKAPOさんの感想

デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキさんによる本だが、テーマは、デザインの話だけではなく仕事全般、特に複数のテーマを迅速かつ高い品質を保ちながらやり遂げるための心構えと手法について書かれている。実際に多くのプロジェクトを斬新なコンセプトとアイディアで成功に導いてきた佐藤さんの言葉は、論理を越えた説得力がある。そして、そこにはデザイナーとしての資質よりも「人間として仕事に対してどのように向かい合えば良いのか」という問いに対する回答がある。デザイナーの卵だけでなく、多くのビジネスパーソンに薦められる。
★27 - コメント(2) - 2月17日
KAKAPO
0607xxxさん、ヘルニアさん、cryptoryouさん、キューポップさん、ヴェルナーの日記さん、心さん、pamoさん、秋桜さん、Natsukiさん、ミカママさん、hundredpinkさん、Walhallaさん、Ayumiさん、Kawai Hidekiさん、まこみんさん、Hitoshi Mitaさん、冬木楼さん、のぶのぶさん、四耐四不さん、あさひなさん、山下哲実さん、綾さん、KAZOOさん、1万縁冊さん、あすなろさん、ナイス!ありがとうございます。これから起業しようとする人には、特に役立つと思います。
- 02/18 06:04

KAKAPO
ehirano1さん、おはようございます!ナイス!ありがとうございます。デザイナーの仕事に限らず、相手に喜んでもらえなければ、仕事は増えないですよね。良い仕事をすれば、依頼者が他の人にすすめてくれるかもしれません。特にデザインの仕事は、依頼者の先にエンドユーザーがいるので、依頼者が望んでいることの先にあるニーズを探り出したり、エンドユーザーさえ気づいていないニーズ(新たなエンドユーザーの創造)を発掘することが究極のデザインなのです。
- 02/18 09:37


感想・レビュー投稿者

903冊/252696ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

「満たされない心」の心理学 (新書y)
'10/10/5に読み終えた時より、今の自分に無くてはならない内容でした。アドラー心理学は…続きを読む
アドラー心理学を深く知る29のキーワード(祥伝社新書)
監修の岩井俊憲氏は“はしがき”で『嫌われる勇気』以降「アドラー」を名乗る本を…続きを読む
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
P111「感情の井戸」図5-1を見た時、私は、岸田秀さん+伊丹十三さんの共著『哺育器の中の大人』のP…続きを読む
本当に役に立つ「失敗学」 (中経の文庫)
上司が購入した本が、オフィスの書棚にあるのですが、文庫化されていたので、自分専用に買いました。失敗学…続きを読む
アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)
’14/12/24『嫌われる勇気』'15/1/24『アドラー心理学入門』&rs…続きを読む
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する
おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)