チョコレートコスモスのMasa.Hさんの感想

筆者自身もあとがきに書いていますが、まさにガラスの仮面を思い起こさせる一作。そして後の(私の読順は逆だけど)「蜜蜂と遠雷」でさらに磨きをかけられる文章による表現の臨場感の高さ、描写の密度、絶妙のテンポ感に圧倒されます。 世の小説には「天才」と言う設定でありながらも、作者の力量不足で「どこが天才やねん?」という疑問符と違和感でいっぱいの、凡人にしか見えない描写の人物が多々あるのですが、恩田陸の描く天才は本当にシビレルくらい魅力的な才を感じます。天才好きな私にはたまりません。続編、ぜひぜひお願いします。
★12 - コメント(2) - 2月17日
WASHIWAI
続編を熱望されているようなので、コメント入れさせてもらいます。 2017/01/20恩田さんインタビューで、『チョコレートコスモス』続編の『ダンデライオン』は書き下ろし予定の記載あり。 詳細はこちらhttps://honcierge.jp/articles/interview/238
★1 - 03/09 16:44

Masa.H
情報ありがとうございます!
★1 - 03/09 21:22


感想・レビュー投稿者

562冊/163261ページ/男性/技術系

Masa.Hさんの最近の感想・レビュー

静かな炎天 (文春文庫)
日本を代表するハードボイルドな女探偵、葉村晶のシリーズ第四弾にして短編集。 相変わらず、後味の悪い人…続きを読む
北九州の逆襲 (笑う地域活性本)
著者(とその友人)が思い感じている北九州が独善的に描かれているだけだった。懐かしいという感じもあまり…続きを読む
小説 君の名は。 (角川文庫)
映画視聴済み。つまり粗筋は完全にわかっている。 小説という手法をとることで、二人の内面描写にもう少し…続きを読む
みかづき
塾を中心に教育にかかわっていく大島家三代の大河ドラマ。 テーマは(家業)は違うけど、北杜夫の書いた「…続きを読む
どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)
中山七里のピアノ小説における探偵役である岬が高校生の頃の物語。彼が探偵としての才を初めて披露する話で…続きを読む
どくとるマンボウ人生ノオト
私の人生を狂わせた、どくとるマンボウ。北杜夫氏のエッセイ集。ただただ懐かしい。それでいて古さは感じな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)