チョコレートコスモスのミドさんの感想

芸能一家で育ち子役から経験と実績を積んできたサラブレット女優と無名の天才少女。まさにガラスの仮面。劇中劇の演技はともかく脚本自体にそれほど惹かれなかった。映画や演劇になじみがある人にはおもしろいのかなあ。女優同士の対決だけでなく脚本家の戦いも見てみたい。巽さんにがんばってもらいたいから。
★15 - コメント(0) - 2月18日

感想・レビュー投稿者

601冊/177878ページ/473レビュー/女性

ミドさんの最近の感想・レビュー

探偵・日暮旅人の失くし物 (メディアワークス文庫)
1話の「老舗の味」のような普通の探し物がいいんだけどな。ドンパチにドラッグと犯罪がらみでブラック旅人…続きを読む
鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)
家庭環境に問題があるという雪弥さん。少なくとも祖父と叔父には愛されているとわかって安心しました。香乃…続きを読む
BORDER (角川文庫)
好きだったドラマの本を見つけて購入。ドラマの中の1話(あるいは映画化狙いだったのか?)のようなオリジ…続きを読む
鎌倉香房メモリーズ (集英社オレンジ文庫)
鎌倉で聞香というと「丘の上のミッキー」を思い出す。十和子さんじゃないけど、雪弥さんと香乃はさっさとく…続きを読む
若様とロマン
若様たちのお見合い。うまくいった人とそうでなかった人も。目立つキャラほど難しいよねえ。沙羅もそろそろ…続きを読む
私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)
テレホンカードを使うのにも躊躇した探偵はスマホに何を思うのか。身代金の受け渡しは緊張感があってよかっ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)