未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略のhfuku62さんの感想

表紙か帯にあった「言葉に出来ることしか思考できない」が引っかかって読んだものの、そこを掘り下げるのではなく、そのHowを示している本だった。途中の具体例は、正直読み飛ばしてよかったかな、と思ったものの、本題である後半部で言っていることを適切に伝えるための部分だったようにも思える。この手の本は、読んで「なるほどね~」で終わりがちなので、日々鍛錬していざというときに仕える力にしないと意味がないようです。
- コメント(0) - 2月19日

感想・レビュー投稿者

164冊/42795ページ/女性

hfuku62さんの最近の感想・レビュー

青森ドロップキッカーズ (小学館文庫)
青森に旅行に行くので読んだ。(三部作の一作目は手に入らず…)ベタベタにきれいに地元ネタ…続きを読む
私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)
シリーズものと知らずにこの本だけ読んでしまった。いまリアルタイムで読むからこそ面白い作品のような。一…続きを読む
結局、「決められる人」がすべてを動かせる
メンタルなんちゃら、っぽい胡散臭い本かなーと思いつつ買った。私の「決められない」は決断力とか直感では…続きを読む
おめかしの引力
おめかしって言葉がいいな、っておもってたら、あとがきでもその話が出ていてうれしくなった。おしゃれは相…続きを読む
おとなの小論文教室。 (河出文庫)
自分の存在について考えたいときに、質問を投げかけてくれる本続きを読む
すばらしい日々 (幻冬舎文庫)
週末にふらっとお出かけする電車の中で読むのに良すぎる本。自分という存在にハテナが襲ってくる最近なので…続きを読む
ログイン新規登録(無料)