アドラーに学ぶ よく生きるために働くということのKAKAPOさんの感想

’14/12/24『嫌われる勇気』'15/1/24『アドラー心理学入門』’16/11/20『アドラー心理学実践入門』’16年11月22日『人生を変える勇気』’17/01/21『幸せになる勇気』と岸見一郎先生の本を読んできた。この本は、序盤、同じ文章が何度も繰り返され読みにくいが、途中、アドラー以外の先人による言葉も引用され、第四章では、心理学というよりも哲学、哲学というよりも宗教?と思えるような昇華を見せる。どれか一冊ということであれば『実践入門』を薦めるが、脳に擦り込みたい方には、本書も無駄にならない。
★28 - コメント(2) - 2月19日
KAKAPO
ナイスネイチャさん、まこみんさん、綾さん、1万縁冊さん、豆ぽちさん、gongonさん、四耐四不さん、心さん、yoshidaさん、Kawai Hidekiさん、ナイス!ありがとうございます。岸見一郎先生は、単にアドラーが残した言葉を伝えるだけではなく、哲学者としての視点からの解釈を加えることによって、アドラー心理学を現代に蘇らせる仕事をなさっているような気がします。――https://elk.bookmeter.com/reading_books/9289665
- 02/19 18:44

KAKAPO
Ayaさん、くるぶしふくらはぎさん、キューポップさん、ひよこさん、hundredpinkさん、ヘルニアさん、cryptoryouさん、KAZOOさん、Hitoshi Mitaさん、のぶのぶさん、やっちさん、おはようございます。ナイス!ありがとうございます。もう、ここまでくると新しい発見があるわけではないのですが、私たちを主語に考えることができるようになるために、そして相手の評価なしに貢献感を得ることができるようになるために…
- 02/20 05:30


感想・レビュー投稿者

903冊/252696ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

「満たされない心」の心理学 (新書y)
'10/10/5に読み終えた時より、今の自分に無くてはならない内容でした。アドラー心理学は…続きを読む
アドラー心理学を深く知る29のキーワード(祥伝社新書)
監修の岩井俊憲氏は“はしがき”で『嫌われる勇気』以降「アドラー」を名乗る本を…続きを読む
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
P111「感情の井戸」図5-1を見た時、私は、岸田秀さん+伊丹十三さんの共著『哺育器の中の大人』のP…続きを読む
本当に役に立つ「失敗学」 (中経の文庫)
上司が購入した本が、オフィスの書棚にあるのですが、文庫化されていたので、自分専用に買いました。失敗学…続きを読む
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する
おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、…続きを読む
400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術
デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキさんによる本だが、テーマは、デザインの話だけではなく仕事…続きを読む
ログイン新規登録(無料)