ぼぎわんが、来るのはなさんの感想

隅々まで面白かった。堪能した。1章で秀樹のSNSの内容等から、なんかこいつ違和感あるなと思っていたら、2章の香奈の視点でその理由が明らかに。秀樹イヤな奴。なんかこう土着の得体の知れない存在がじわじわと近寄ってくる恐怖。感触や臭いも感じられる描写。けれど、夜中にトイレに行けなくなるほどでもない絶妙なスリル体験。なんか満足度が高い。「ちがつり」とか、最後に知紗が言っていた寝言は何だったのか気になる。
★29 - コメント(1) - 2月22日
ほんきょう
この作家さんは何を書いても本当に怖い小説を書かれるようですね。大勢の作家や本を容赦なく分析し辛口な解説をしているコラムが「ずうのめ人形」について夜に読めないなんて事を書いていました。新刊の「キリカ」より衝撃度があるとか。本の解説も変わったアプローチの仕方で他では読めない内容のコラムですが、それ以上によりよい人生になる為の知恵みたいなものが詰まっていて凄いです。沢山のコラムが読み放題なのでぜひ!http://birthday-energy.co.jp/
★1 - 02/22 17:06


感想・レビュー投稿者

289冊/83091ページ/女性

はなさんの最近の感想・レビュー

私が失敗した理由は
気になる作家さんでしたが、初読み。さすがイヤミスの女王。不快感も含め面白かった。一気に読む時間があっ…続きを読む
空白を満たしなさい
初読みの作家さん。「分人」の考え方は、わりとすんなり受け入れられる。この人と一緒いる時の自分が好きと…続きを読む
これからお祈りにいきます (単行本)
最近、津村作品にジワリとはまりつつあります。神様として成長中のサイガサマに、なんだか愛着を感じてしま…続きを読む
雨のなまえ
救いがない話が多かった。曇り空の閉塞感。続きを読む
黒い家 (角川ホラー文庫)
一気に読んだ。ページをめくる手が止まらない。怖かった。随所にある昆虫のエピソードがさらに怖さを助長し…続きを読む
ログイン新規登録(無料)