チョコレートコスモスのMisao Nakadaさんの感想

蜜蜂と遠雷を読み終えて、恩田さんの描く天才少女の物語を読みたいと手に取ったのがこの本。今回は役者の世界。蜜蜂と遠雷ほど成熟した面白さはなかったものの、無限に広がる「役になりきる」世界、作り出す人たちのストーリーに引き込まれました。機械のようだと言われる天才少女がどう変化していくのかは続編に描かれているのか。気になるところです。
★23 - コメント(2) - 2月23日
WASHIWAI
続編を熱望されているようなので、コメント入れさせてもらいます。 2017/01/20恩田さんインタビューで、『チョコレートコスモス』続編の『ダンデライオン』は書き下ろし予定の記載あり。 詳細はこちらhttps://honcierge.jp/articles/interview/238
- 03/09 16:43

Misao Nakada
WASHIWAIさんありがとうございます!書き下ろし待ち遠しいですね。
★1 - 03/11 06:59


感想・レビュー投稿者

162冊/56085ページ/女性/45

Misao Nakadaさんの最近の感想・レビュー

旅屋おかえり (集英社文庫)
依頼人の代わりに旅をする旅屋「おかえり」の旅が羨ましくて、身に覚えがあって、ほっこりしました。 帰…続きを読む
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
とりあえず完結したのですね。 この後も番外編などが出るようですが。 今回はシェイクスピアの「ファース…続きを読む
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
う〜ん..隠し事をされていそうなスッキリしない感じです。運命を切り開いて行くような主人公と運命の流れ…続きを読む
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
まだまだ、どう物語が進んでいくのかが分からない。だけど、次を読みたくなる終わり方で第1部は幕を閉じま…続きを読む
蜜蜂と遠雷
とにかく、天才の描き方が凄すぎです。 演奏を通して見えてくる景色の美しさを思っては何度も気持ちの隅…続きを読む
嶽神(下) 湖底の黄金 (講談社文庫)
素晴らしいエンターテイメント作品でした。主人公、多十が格好良い。そして、随所に見られる山の描写が美し…続きを読む
ログイン新規登録(無料)