ぼぎわんが、来るのあまなさんの感想

読み始めてすぐ、ラノベ文体と気づく。合わないので読みづらいが、それでも第一章は不条理的ホラーの怖さとスピード感があり、わかりやすい伏線ながらも、なかなか白熱した。第二章はイヤミス。これはこれでありかなとも思う。一章での伏線を順次回収しながら、最後に少し切ない箇所もあり。だが、無双系霊能者の登場以降、第三章のあまりの面白くなさに、愕然。ただのラノベ肉弾戦になったあたりで、諦めて、飛ばし読みになった。前半の面白さは、いったいどこへ。
★8 - コメント(1) - 2月23日
ほんきょう
本当に人それぞれのいろんな感想がありますね。だからこそ根拠ある分析力で解説している下記コラムはお勧めです。大勢の作家や本の他芸能人らも取り上げその才能や生かし方など人生丸ごと解説した内容は目から鱗の事が多いです。本選びの参考以上に知恵の詰まったコラムでした!http://birthday-energy.co.jp/
- 02/27 00:21


感想・レビュー投稿者

99冊/31741ページ/女性/42/クリエーター系

あまなさんの最近の感想・レビュー

きみに灯る紫の星―月を撃つふたり (コバルト文庫)
こちらも読んだはず。手放してしまってあまり覚えてない。もう一度読みたいな。続きを読む
ここに降る紫の星 (コバルト文庫)
懐かしくなって登録。表紙買いで読んだ。続きなかったっけ?続きを読む
淫らな罰
面白かった。イヤミスというほどでも、ホラーというほどでもないのだけど、マウンティングかな。嫌な部分を…続きを読む
探偵ガリレオ (文春文庫)
たとえ説明されても「なんのこっちゃ」としか言えない理系トリックとそれを上回るハイスペック教授の短編ミ…続きを読む
黒い森 (祥伝社文庫)
少し前にいちばんの駄作と書いてしまった本はあるが、そういえばこれもあったと思い出した。読了後に思った…続きを読む
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
表題作は完璧で、短編はわかりづらかった。にしても、乙一はネジぶっ飛んでると思う。続きを読む
ログイン新規登録(無料)