本当に役に立つ「失敗学」のKAKAPOさんの感想

上司が購入した本が、オフィスの書棚にあるのですが、文庫化されていたので、自分専用に買いました。失敗学そのものは、製造、建築、土木はもちろん、サービス業にも応用が効く「本当に役に立つ」考え方だと思いますが、概念と実例、言葉と定義、記述と図式の間に飛び越えにくい隔たりを感じ、水平展開しにくい印象をもちました。また、「やはり失敗をシステムで回避するのは難しく、全体を俯瞰することができ、失敗を認めることを恐れないリーダーが必要なのではないか」と思わせる部分もあり、ボトムアップで実行しにくい感じがするのも残念です。
★40 - コメント(6) - 2月24日
KAKAPO
ミカママさん、まいどどうも(^^♪ 失敗学そのものは、すべての職場だけではなく、家庭にも、人間関係にも有効な道具だと思いましたが、この本を読んだだけでは忘れてしまいそうな感じがします。この本で作成することを勧めている「思いつきノート」に、具体的な失敗例を記述し、そこから解決策を導き出すプロセスを重ねることによって、ようやく身につく手法なのかもしれません。――https://elk.bookmeter.com/reading_books/9307706
- 02/24 05:40

KAKAPO
藤澤謙光さん、KAZOOさん、もちもちかめさん、のぶのぶさん、四耐四不さん、シンシアさん、早朝からのナイス!ありがとうございます。「先んずれば人を制す」ではありませんが、早起きを習慣にしている皆さんは、きっと誰よりも失敗にいち早く気がつく方々なのでしょう♪
- 02/24 06:33

KAKAPO
0607xxx 0607xxx とりもな とりもな K-TENさん、ヘルニアさん、秋桜さん、ミッキー・ダックさん、しおり/さん、あさよるさん、イーストゲートさん、ひよこさん、かもめ通信さん、キューポップさん、ヴェルナーの日記さん、心さん、hundredpinkさん、ehirano1さん、90acさん、Natsukiさん、トクさん、山下哲実さん、綾さん、まこみんさん、Walhallaさん、Hitoshi Mitaさん、ナイスネイチャさん、1万縁冊さん、ナイス!ありがとうございます。
- 02/25 06:11

KAKAPO
cryptoryouさん、冬木楼さん、しらたまさん、ナイス!ありがとうございます。失敗を生む原因の中でも、とくに重要な五大原因は、「未知」「無知」「不注意」「手順の不遵守」「誤判断」だそうです。「未知」の中には、想像力の欠如や試作検証の不足による「無知」も含まれているような気もします。試作検証の不足は、設計プロセスのマニュアル化なども問題をはらんでいると思います。
★1 - 02/25 10:50

KAKAPO
タマンさん、Yujiさん、highさん、ナイス!ありがとうございます。課題を解決しようと新しい方法のチャレンジすると「未知」という壁に行く手を阻まれることがあります。それは、既に先人が試していて、問題があったため採用を見送った方法なのかもしれません。どんな方法にも少なからずトレードオフの関係にある要因があります。解決しなければならない課題に最も適した方策を見つけ出すことが必要なのです。
★1 - 02/26 06:30

KAKAPO
くるぶしふくらはぎさん、ナイス!ありがとうございます。「無知」とは、すでに予防策や解決策があるにも関わらず、不勉強が原因で失敗することです。そういう意味では、予防策や解決策のみならず、自他にかかわらず、過去の失敗をデータベース化して、それを予防したり、解決したりする策が講じられているかを確認するチェックリストを作っておくと良いかもしれません。失敗しないためには、面倒な作業を厭わない気持ちが必要ですね^^;
- 02/26 09:28


感想・レビュー投稿者

903冊/252696ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

「満たされない心」の心理学 (新書y)
'10/10/5に読み終えた時より、今の自分に無くてはならない内容でした。アドラー心理学は…続きを読む
アドラー心理学を深く知る29のキーワード(祥伝社新書)
監修の岩井俊憲氏は“はしがき”で『嫌われる勇気』以降「アドラー」を名乗る本を…続きを読む
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
P111「感情の井戸」図5-1を見た時、私は、岸田秀さん+伊丹十三さんの共著『哺育器の中の大人』のP…続きを読む
アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)
’14/12/24『嫌われる勇気』'15/1/24『アドラー心理学入門』&rs…続きを読む
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する
おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、…続きを読む
400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術
デザインオフィスnendoを率いる佐藤オオキさんによる本だが、テーマは、デザインの話だけではなく仕事…続きを読む
ログイン新規登録(無料)