世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのkapo54さんの感想

マインドフルネスの入門書。アメリカで活躍する精神科医が著者なので、論文の引用が多々ある。一方でストーリー仕立てになっているので読みやすい。賛否両論ありそうな構成だが、ストーリー仕立ても良いのではないかと思った。脳は可塑的なものなので、マインドフルネスの取り組みはその場だけの効果だけでなく、脳の構造そのものを変えうるという話が興味深かった。デフォルトモードのエネルギー消費が多いという話も。西洋思想が東洋思想を取り込む形で発展しているのだろうか。
★11 - コメント(0) - 2月24日

感想・レビュー投稿者

550冊/143511ページ/男性/教員

kapo54さんの最近の感想・レビュー

<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
年齢的な子供向けの本ではない。王様は裸だと言ってしまうような、ある種の「上げ底」が通用しない、人に向…続きを読む
ネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)
知らない動詞もたくさん。ふーん、なるほどと思うがすぐに忘れる。でも、こうやって英語の感覚が育っていく…続きを読む
「学力」の経済学
それなりに面白い。かと言って、ベストセラーになる程でもないと思う。タイトルの勝利かな。実際の内容は、…続きを読む
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
読んでいて、日本的組織の愚かさに暗澹とした気持ちになる。そして、残念なことにその特性は70年経った今…続きを読む
先生はえらい (ちくまプリマー新書)
さらっと読める。内田節が炸裂。教育論から脱線し続けていて、脱線している箇所の方が多い。うさんくささと…続きを読む
2017プロ野球オール写真選手名鑑 (NSK MOOK)
今年のお供。コメント欄のどうでもいい情報がクスッとくる。続きを読む
ログイン新規登録(無料)