チョコレートコスモスのイオちゃんさんの感想

何といっても演劇のハイレベルなオーディション場面が楽しかった。何度も同じ劇を繰り返すのに、それぞれの個性があって飽きることがない。そしてなにより記憶力抜群、観察眼に優れ、何者にもなりきってしまう飛鳥の予測不能な行動が面白い。続編で響子との共演が読めるのかな。楽しみ♪
★63 - コメント(2) - 2月25日
WASHIWAI
続編を熱望されているようなので、コメント入れさせてもらいます。 2017/01/20恩田さんインタビューで、『チョコレートコスモス』続編の『ダンデライオン』は書き下ろし予定の記載あり。 詳細はこちらhttps://honcierge.jp/articles/interview/238
★1 - 03/09 16:44

イオちゃん
WASHIWAIさん、恩田さんのインタビュー記事、読みました。ありがとうございます。(^^)あと4分の1か‥書き下ろし楽しみに待ちます♪
★1 - 03/09 17:32


感想・レビュー投稿者

675冊/208424ページ/女性

イオちゃんさんの最近の感想・レビュー

([こ]4-1)アンハッピードッグズ (ポプラ文庫)
タイトルも表紙も犬。でも実際は、雑種犬の弁慶は脇役で、二つのカップルのラブ度の低い恋愛小説。始まりか…続きを読む
ヴァラエティ
短編からショートショート、対談までいろいろ詰まった、まさにヴァラエティな本。「プロットを考えずに書く…続きを読む
紙のピアノ
ずっと前に「忘れ雪」をボロボロ泣きながら読んだ記憶があって、ピアノのモチーフだし、期待して読んだ。貧…続きを読む
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
ついにビブリア古書堂の本編が完結。人間関係が複雑になっていたので、相関図があってよかった。今回は、シ…続きを読む
マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)
「ビストロ・パ・マル」シリーズ3作目。相変わらず料理の腕も、謎解きも冴える三舟シェフ。どれもちょっと…続きを読む
本を守ろうとする猫の話
祖父と二人「夏木古書店」で暮らしていた高校生の林太郎。祖父の急死により一人ぼっちになって間もなく、ト…続きを読む
ログイン新規登録(無料)