労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かるのそーだいさんの感想

小室淑恵さん2冊目で、労働時間に関する本。「長時間労働こそが負けている原因である」のフレーズは納得。これからの日本の企業は少子高齢化が急速に進む中でいかに男女分け隔てなく活用し、短時間労働で、様々なライフスタイルの人を採用することこそが、生き残りのキーワードだと思う。企業はトップが変わらなければなにも変わらないと言うけど、企業の中の小さな組織からこそ始めようと言うことにその通りだと思います。その中でも納得しない人はいるけど、長時間労働是正は時代の流れにもなりつつある、いまが勝負の時と信じてます。
★3 - コメント(0) - 2月25日

感想・レビュー投稿者

66冊/17627ページ/男性/47/専門職

そーだいさんの最近の感想・レビュー

日本が好き!
Eテレの中国語講座に出演の段さんの本。日本語が上手で執筆されたことは勿論、中国人と日本人の良いところ…続きを読む
求心力 (PHP新書)
故平尾誠二さんのリーダーシップに関する本。ラグビーはしないですが、スクールウォーズは毎週欠かさず見て…続きを読む
グースバンプス (5) わらう腹話術人形 (グースバンプス 世界がふるえた恐い話)
次男に怖かったから読んでみてと言われて読みました。腹話術人形と双子の姉妹の話ですが、人形って万国共通…続きを読む
クリスマス・キャロル (新潮文庫)
ケチな老人がクリスマスの時期に改心するお話。幽霊の訪問があり、自分の将来を見てこれ迄の行いを改める。…続きを読む
〈銀の匙〉の国語授業 (岩波ジュニア新書)
進学校灘の国語の先生の有名な授業のお話し。僕は小学生の頃国語が苦手で、かつ授業を面白いと感じたことが…続きを読む
通天閣 (ちくま文庫)
読書は娯楽なんだと発見でき、更には西さんのファンになりました。結婚するまで通天閣の近くで育ったことも…続きを読む
ログイン新規登録(無料)