ぼぎわんが、来るのちぇん、さんの感想

日本ホラー小説大賞受賞作。「ぼぎわん」なる異形の来訪とそれに抗う家族ら。3つの視点人物による章立てによる物語の牽引力、恐怖に紐付く心理描写と過去の背景、異形にかかる伝承の「それらしさ」など、一つ一つがそつなくこなされており、巻末選評の通り新人離れした実力があるのは確か。「ぼぎわん」とのラストバトルはまさに大賞らしいクライマックス。纏まりのある作品だが、飛び抜け感は特になかった。次回作を読むか否か。
★8 - コメント(0) - 2月25日

感想・レビュー投稿者

1313冊/456118ページ/男性

ちぇん、さんの最近の感想・レビュー

我が心の底の光
人を殺めた父を持ち、伯父一家に引き取られて暮らす少年の生き様を描く。主人公の年齢ごとに章が分かれる形…続きを読む
悲衛伝 (講談社ノベルス)
シリーズ第eight作。四国→世界と広がってきた舞台は更に宇宙へ。とはいえ物語の殆どは人工…続きを読む
深夜百太郎 出口
スピード感のある文体、真理を語るような会話文、そして自己完結性。舞城の肝が抜き出されたような濃厚さを…続きを読む
深夜百太郎 入口
Twitterで毎日発表された百物語を単行本化。1編ごとに著名な写真家・佐内正史の写真も挿入される。…続きを読む
舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
かつて財閥を築いた旧家に伝わる箱と石と仮面に関わる謎。様々な「天才」を描く野崎まどだが、本作での「天…続きを読む
二階の王
ひきこもりという現代社会の課題にクトゥルフ神話らしき要素を取り入れた怪作。とにかくスケールの大きい物…続きを読む
ログイン新規登録(無料)