チョコレートコスモスの雪さんの感想

登場人物達と一緒になってオーディション会場で東響子や佐々木飛鳥を観ているような、そんな感覚。「蜜蜂と遠雷」もそうだったけど、フィクションなはずなのに、自分もそこにいるような不思議な体験をさせてもらった。続編も楽しみ。
★30 - コメント(2) - 2月26日
WASHIWAI
続編を熱望されているようなので、コメント入れさせてもらいます。 2017/01/20恩田さんインタビューで、『チョコレートコスモス』続編の『ダンデライオン』は書き下ろし予定の記載あり。 詳細はこちらhttps://honcierge.jp/articles/interview/238
★1 - 03/09 22:00


WASHIWAIさん、情報ありがとうございます。続編が無事単行本化されることを願うばかりです!
★1 - 03/09 22:22


感想・レビュー投稿者

145冊/50380ページ/女性

雪さんの最近の感想・レビュー

木皿食堂 (双葉文庫)
元々木皿さんの作品が好きだったので、この本も手に取ってみた。自分はドラマが好きな人間なので、ドラマを…続きを読む
タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)
美味しそうなフランス料理の数々に、読んでるだけでうっとりしてしまう。パ・マル実在したらいいのに、なん…続きを読む
(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)
ほっこり心あたたまる作品でした。最初は児童書として作られたものを、大人向けにアレンジした作品だそうで…続きを読む
ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)
成風堂シリーズと、ひつじ君シリーズの面々が同じ作品に登場するので、両シリーズが好きな私にはとても贅沢…続きを読む
流れ星が消えないうちに (新潮文庫)
巧にとっては親友であり、奈緒子にとっては恋人だった、加地という青年の死。二人が少しずつ事実を受け入れ…続きを読む
螢草 (双葉文庫)
「極上の時代エンターテイメント」という煽り文の言葉に読み終わって納得させられた。主人公の菜々をはじめ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)