探偵の探偵2のkanonさんの感想

窪塚や彼の家族との関わりによって、玲奈の心に少し温かな人間味が与えられる。窪塚との別れは、玲奈に今までよりも一段と強い哀愁と孤独な覚悟をもたらした。ドラマで見た時も窪塚の最後のシーンにはショックを受けたが、小説ではより詳細に、玲奈とのやり取りや家族の様子が描かれてるので玲奈の悲痛な気持ちが伝わって来るようだった。最後の柚希の授業参観の場面は、心が温まるようだった。次巻で、いよいよ死神との対決か?
★8 - コメント(0) - 2月27日

感想・レビュー投稿者

170冊/55821ページ/130レビュー/女性/サービス業

kanonさんの最近の感想・レビュー

バベル九朔
万城目学さんの小説はまだ読んでいなかったので、以前テレビで紹介されて気になっていたこの本に挑戦。カラ…続きを読む
ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)
ソクラテスは、良心や信仰心をもとに自問自答し答えを導き出し実際に行動に移す、ギリシャ哲学の巨人である…続きを読む
太陽の棘(とげ)
エドとニシムイの画家たちが友情を結ぶ様子に感動した。タイラやヒガなどのニシムイの画家たちの生命力の強…続きを読む
ツナグ (新潮文庫)
最近、映画化されたものがテレビで放送され、気になったため手にとった。使者になりたての歩美が、死者に会…続きを読む
怪盗探偵山猫  鼠たちの宴
山猫シリーズ第3弾。今回は短編ばかり。「鼠のバラード」での里佳子さんの活躍が格好良い。勝村が山猫一味…続きを読む
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
青柳雅春の命懸けの逃亡劇と、それを支える人たちの思いに、胸が熱くなった。ビートルズの「Golden …続きを読む
ログイン新規登録(無料)