世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのダイチさんの感想

脳を休める方法について書かれている本を初めて読んだが、ダイエット本と同じような印象を持った。つまり、実践しても、効果があると信じきれないと続かないということ。雑念が脳を疲れされる、マルチタスクが脳を疲れさせる、だから瞑想して今の感覚に集中するようにする。過去と未来のことに気を取られ過ぎないようにする。言いたいことはわかるけど実践継続するのは難しい。
★9 - コメント(0) - 2月27日

感想・レビュー投稿者

92冊/29048ページ/男性

ダイチさんの最近の感想・レビュー

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
以前読んだプレシンギュラリティよりも受け入れやすい。今までと今後人工知能の分野で何が起きてきたか、起…続きを読む
どうしてこんなところに (双葉文庫)
新しい出会いが欲しくて書店で目についた本を衝動買いした。妻を殺して逃げ続ける男の話。逃げながら様々な…続きを読む
僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)
瀧本哲史さんがこれからの日本社会を生きる若者、特に20代初めぐらいに向けて書かれた本。これからは人さ…続きを読む
羊と鋼の森
とても綺麗な物語だった。1人の青年が、ひとつの情熱を穏やかに燃やして大きくしていく物語。自分にとって…続きを読む
『エクサスケールの衝撃』抜粋版  プレ・シンギュラリティ  人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る
2045年、人工知能が人間を超える特異点となる。それがシンギュラリティと呼ばれるものだ。著者はその前…続きを読む
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方  成功を引き寄せるマーケティング入門
ユニバーサルスタジオジャパンを生まれ変わらせたマーケティングを指南してくれる一冊。顧客ニーズよりも顧…続きを読む
ログイン新規登録(無料)