日中関係史のヒトコさんの感想

日中関係は、古代に海上交通が可能になった時からずっと、朝鮮半島を挟んで緊張関係にあったはず。でもそれにしては「日出づる処」文書問題や白村江敗退の後もそれ以上の混乱に陥ることはなく、元寇や秀吉の朝鮮出兵を除けば、明治になるまで大きな衝突はなかった。朝鮮半島が緩衝地帯になっていたからと思っていたが、実はずっと疎遠だったという解釈に目から鱗。「政冷経熱」日本は古来中国から色々な文化を取り入れ貿易も盛んだったが、互いに相手を理解しようとしなかった。だが今後は「完全なる認識」を目指す事が必要って事なんですね。
★3 - コメント(0) - 2月27日

感想・レビュー投稿者

2274冊/418065ページ/女性/主婦

ヒトコさんの最近の感想・レビュー

九十歳。何がめでたい
「女性セブン」に2015年4月から翌年6月まで連載されたエッセイ。90代になられても過去の著作からの…続きを読む
ロマンス、貸します (ディアプラス文庫)
真面目に一所懸命になればなるほど、おかしな例えを口にしたり噛み合わない会話になったり、笑いをこらえな…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~赤~
この作品、志緒くんが社会人になるまで描かれるとは思わなかった。でもその頃どうなってるんだろうと気にか…続きを読む
翻訳できない世界のことば
みなさんの読メ感想を読ませていただいて見つけた一冊。図書館で予約してやっと読めました。どの言葉もきっ…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~
同人誌などに発表された短編をまとめた一冊でした。本編では唐突に思えた志緒に対する桂先生の想いが描かれ…続きを読む
雪よ林檎の香のごとく (ディアプラス文庫)
しばらく積んでいた「赤」と「青」を読む前に電子本にて再読。書店平積み表紙買いで一穂ミチさんと出会った…続きを読む
ログイン新規登録(無料)