呼び覚まされる 霊性の震災学のJuniさんの感想

東北学院大学金菱ゼミ「震災における死」がテーマ。花巻・気仙沼のタクシードライバーの体験した霊体験、身内の死を受け入れられず自責の念にさいなまされる人、ご遺体捜索活動に専心する消防団の義勇精神(しかし、あまりの凄惨な状況に精神的な疲労を募らせる)、様々な視点から考察される。ついさっきまで一緒に話をしていた人(親や子、友人など)が突然の災害によって亡くすことがどれだけの喪失感を持つことになるか。テレビ・新聞では見えてこない現実の死に向き合う人々の葛藤がこのフィールドワークの成果から知ることができる。
★29 - コメント(0) - 2月28日

感想・レビュー投稿者

469冊/127931ページ/男性/48/事務系

Juniさんの最近の感想・レビュー

もういちど読む山川世界史
ザックリ読もうと思ったら意外とじっくり目に読んでしまった。さすが山川出版社だけあって、記述に過不足が…続きを読む
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
再読。お金で換算できない見えない財産も100年人生には重要。続きを読む
ことばと国家 (岩波新書)
再読。「日本語のために 」を読みつつこの本も読んでいる。言語が国家によって弾き出される、或いは方言と…続きを読む
生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)
いつの時代も後悔先立たず。続きを読む
物語アメリカの歴史―超大国の行方 (中公新書)
いまだにアメリカをハリウッド映画のイメージでしか捉えていない人は稀かもしれないが、アメリカン・ドリー…続きを読む
善の研究 (1979年) (岩波文庫)
再読。大著だけあって考えることがたくさんある。続きを読む
ログイン新規登録(無料)