特攻基地知覧の無謀庵@Readerさんの感想

戦時中に知覧で報道記者だった方が、丹念に戦後残された特攻隊員や親族、知覧で特攻を見送った人々の声を集めた一冊。知覧の人たちと特攻隊員の間に美しい話もあり、実際は特攻で空母など沈まないのに2400人を無駄死にさせていた、という事実を、死なされていった隊員に重ねるのは酷薄にも思う。けれど、特攻を美化するのは、それを指示していた者の保身のために行われてきたことでもある。実際は特攻に向かう若者に、まともに飛べる飛行機も、十分な衣食住すら与えもしなかった事実を隠して。
- コメント(0) - 2月28日

感想・レビュー投稿者

1924冊/356797ページ/634レビュー/男性

無謀庵@Readerさんの最近の感想・レビュー

ろりめし (SPコミックス LEED CAFE COMICS)
この表紙にこのタイトルで、「孤独のグルメ」をうまく本歌取りした作品だとはなかなか思われまい。正しく、…続きを読む
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス)
Twitterで知った一冊。宇宙はやがて、星が燃え尽きて暗く冷たくなっていくんだろう、と大まかに思っ…続きを読む
脳を鍛える―東大講義「人間の現在」 (新潮文庫)
博識で教養がある人間でありたいと思いつつ、もう何もかも広すぎて追いつかない、けれどまあ確かに高校や大…続きを読む
のぼうの城 下 (小学館文庫)
抜群にわからなくて魅力的なのぼう様、忍城成田勢の面々はもちろん、格好のいい大谷刑部に、あの生真面目さ…続きを読む
タバコ―愛煙・嫌煙 (講談社現代新書 (702))
83年の本。当時としては嫌煙愛煙に中立的に書いたものだそう。今となっては、タバコの害はもっとはっきり…続きを読む
しかくいシカク (3) (まんがタイムKRコミックス)
なぜか随分遅かった電子化に合わせて購入&通読。例によっての情報量ラッシュ。意外に写真機ネタには走らず…続きを読む
ログイン新規登録(無料)