ぼぎわんが、来るのmochidiさんの感想

ぼぎわんよりも、第二章で明かされる秀樹の勘違いっぷりが怖い!・・・と、同時にうちは大丈夫だよな!?と違う怖さを味わいました。「優しゅうしたりな」祖母のせりふがこんなに重いとは。久しぶりの大当たりでした。
★12 - コメント(0) - 3月2日

感想・レビュー投稿者

49冊/15804ページ/20レビュー

mochidiさんの最近の感想・レビュー

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)
クライマックスでわざわざ紙に書いてまで懇切丁寧に種明かししてくださる稜子さんが素敵です!&helli…続きを読む
君の膵臓をたべたい
ライトな文体で根暗な主人公の一人称もの。「どうせ…」とタカをくくって読み始めたら、ラス…続きを読む
ゆきずりエマノン
【初エマノン!】あとがきにもありましたが、イラストがなければ、今すれちがったあの人は・・・もしやエマ…続きを読む
夜行
表紙のイラストと帯につられて読んでみました。良い意味で「これじゃない」感がありました。チョットダマ…続きを読む
怪談のテープ起こし
「死人のテープ起こし」が、見えないだけに想像力をかきたてられました。(めずらしく)変に解釈をつけない…続きを読む
のぞきめ
2部構成にしたのはすごく読みやすかった。内容もバッチリ楽しめました。四十澤くんの腰のぬけ具合とか迷走…続きを読む
ログイン新規登録(無料)