聖なる怠け者の冒険のかるあみるくさんの感想

読みはじめから登場する「ぽんぽこ仮面」というおかしな名前。 もうそれだけで、先が楽しみでワクワクした。京都のお祭りの夜を舞台にした長いお芝居を見ているようだった。言葉の端々にクスッと笑ってしまう表現がちりばめられ、どたばたで、かつゆるやかで、何とも言えない面白さがある。筆者も語り手として「登場」する上、登場人物みんなが個性的で魅力がある。 うっかりすると読んでいるほうも一緒にあの酒に酔ってしまうかも。
★11 - コメント(0) - 3月3日

感想・レビュー投稿者

178冊/53494ページ/120レビュー/女性/主婦

かるあみるくさんの最近の感想・レビュー

きみはいい子 (一般書)
読んでいて胸が痛む本だった。短編のそれぞれで、酷い親だなあと思いつつも、少しわかる気がしたり、あるい…続きを読む
忘れられたワルツ
ごめん途中でやめた。何だか疲れるしよくわからないわ。続きを読む
くますけと一緒に (中公文庫)
表紙の可愛らしい絵とは裏腹の、ぬいぐるみホラーというお話、結構怖かった。そして成美ちゃんの身の上が哀…続きを読む
雪と珊瑚と
タイトルにある雪も珊瑚も人の名前とは想像もつかなかった。料理を作ることや食べること、人と関わること、…続きを読む
星のかけら (新潮文庫)
事故現場に落ちているフロントガラスのかけらが「星のかけら」と、最初はちょっと怖い印象だった。お守りに…続きを読む
フクロウのいる部屋
ここ数年、ふくろうがブームで、ふくろうカフェがあったり、飼っている人がいるのも知っていた。この本は実…続きを読む
ログイン新規登録(無料)