ぼぎわんが、来るのinoさんの感想

ino
こわっ! 民俗学とホラーが好きなので食いついた作品。 あきらかに取り憑かれている登場人物、流れる手立てはあるのか! 最後の30ページほどが、真に迫るホラーというよりも三流ホラー映画の描写で読むスピードも一気に落ちたが、この作者の他の2作品よりは面白かった。 恐怖小説キリカは別の意味で面白かったのだけれど。
★9 - コメント(0) - 3月3日

感想・レビュー投稿者

ino
650冊/204683ページ/88レビュー/女性/40/事務系

inoさんの最近の感想・レビュー

いつかの人質
一度誘拐された娘がなぜまた…。これはすごい。誘拐されるところから一気に読ませる。続きが…続きを読む
きらきらひかる (新潮文庫)
再読。もう何度も読んでる大好きな本。描写がとても綺麗。季節感を含む透明な空気がすごく好き。三人のお互…続きを読む
無貌の神
不思議な話から始まり不思議な話で終わる短編集。夢か現かという作品を書く作家さんだったのに、最近は冒頭…続きを読む
八月は冷たい城 (ミステリーランド)
読んだ。確かに読んだ。しかし感想を書こうと思うと、あれ?ラストどうなったっけ?と思うほど覚えていない…続きを読む
七月に流れる花 (ミステリーランド)
恩田陸さんの世界観が大好き。自然の中の重厚な建物。そこで生活することになる少女たち。そして事件は起こ…続きを読む
アイネクライネナハトムジーク
うーん…なかなか読み進められなくて2週間くらいかかって読了。 良かった点は、クレームを…続きを読む
ログイン新規登録(無料)