ぼぎわんが、来るのfenguiさんの感想

3章からなる物語。語り部が変わると物事がひっくり返ってしまう。 そのことのほうが恐ろしかったかもしれません。 遭遇しないことを祈ります。「魔導符」という言葉を初めて知りました。
★13 - コメント(0) - 3月5日

感想・レビュー投稿者

1877冊/606433ページ/女性/IT関係

fenguiさんの最近の感想・レビュー

いまさら翼といわれても
奉太郎の「モットー」はそうして出来たものなのね。 やりきれないものがある。「熱血教師」&hellip…続きを読む
声なき蝉-空也十番勝負 青春篇(下) (双葉文庫)
別れのその時まで声を出すことはなかった空也。 いつか再開した時には声を出すのでしょうか? 「十番勝負…続きを読む
惑星カロン
ハルチカシリーズ。吹奏楽にまるで縁のない私はチカちゃんをがんばれーと応援しながら読んでいます。 「旧…続きを読む
人類最強の純愛 (講談社ノベルス)
潤さん相変わらず素敵すぎる。 宇宙と海底と…未来と過去の自分と。次はどこへ行くのかしら…続きを読む
私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫)
「恋煩い」は最後の1行に叩きのめされました。 煩っているからとはいえ、恐ろしい…。 表…続きを読む
壁の男
芽生えた疑問も最後にきちんと明かされますが読み終えた時の何とも言えない寂寥感。 どの章も祈るような思…続きを読む
ログイン新規登録(無料)