世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まるのしびぞうさんの感想

こういう感じで適当に本を書いてバカ売れさせて儲けるのが頭の良い人たちの間で流行っているのだと認識できる本だった。マインドフルネス自体は否定しないが、こういう手法の本があとどのくらい出版されるのだろうか。
★9 - コメント(2) - 3月6日

>こういう感じで適当に本を書いてバカ売れさせて儲けるのが頭の良い人たちの間で流行っているのだと認識できる本だった。  柳の下の泥鰌にしか興味が無い志の低い著者と編集者が多すぎますよね。目次や参考文献を見て自己防衛しないといけませんねぇ…
★1 - 03/06 17:18

しびぞう
>ヒゲOLさん、本当にそうですよね。こういう類の本を藁にもすがる思いで手にする人は結構いると思うのですが、時間もお金も無駄にしてしまったと気づいた時の悔しさったら本当にないです。何冊も手にして騙されて気づくことができただけ、まだいいのかもしれません。
- 03/06 23:16


感想・レビュー投稿者

274冊/71183ページ/女性

しびぞうさんの最近の感想・レビュー

「意識高い系」の研究 (文春新書)
テレビで動く筆者を見た時、あまりの美しさに驚いた。これほど美しいのに、どうしてこんなに巨大なコンプレ…続きを読む
国家と神とマルクス  「自由主義的保守主義者」かく語りき (角川文庫)
濃い。濃すぎる。そして雑多。これが500円ちょっとで買えるなんて大当たりの福袋とでもいったところだろ…続きを読む
私は真犯人を知っている―未解決事件30 (文春文庫)
事件と向き合うということは社会と向き合うということ。学びとは、成功した人物のみから得られるものではな…続きを読む
大日本史料 第12編之19 覆刻
ざっと目を通しただけだが真田幸村の人気に嫉妬続きを読む
親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー)
なかなか難しい。おこがましい言い方だが、私のように、母にとって自分が産んだにも関わらず会ったことがな…続きを読む
文庫 昭和二十年 第8巻  横浜の壊滅 (草思社文庫)
日独伊三国同盟はもちろん知っていたが、ソ連を含めて四国同盟にしようとしていたとは知らなかった。筆者が…続きを読む
ログイン新規登録(無料)