ぼぎわんが、来るのよしだ まさしさんの感想

澤村伊智『ぼぎわんが、来る』角川書店を読了。  いやあ、これはかなり怖かったぞ。  「ぼぎわん」という化け物が、主人公の家族に襲いかかってくるのだけれど、その正体も謎なら、なぜ襲いかかってくるのかという理由も謎。わけのわからないまま、恐怖に陥れられてしまう。  オカルトライターの紹介で、霊能力者に救いを求めるのだけれど、わざわざ地方から上京してきた霊能力者が羽田からそっこうで帰って行ってしまう。「まさか、こんなヤツが相手とは思わなかった」と言いながら。  そして、第一章、第二章、第三章と語り手が変わってい
★11 - コメント(0) - 3月5日

感想・レビュー投稿者

886冊/307928ページ/男性

よしだ まさしさんの最近の感想・レビュー

不死鳥の剣―剣と魔法の物語傑作選 (河出文庫)
 R・E・ハワード他『不死鳥の剣 剣と魔法の物語傑作選』河出文庫を読了。  ヒロイックファンタジーと…続きを読む
辻斬り (新潮文庫―剣客商売)
 池波正太郎『剣客商売2 辻斬り』新潮文庫を読了。  表題作の他、「鬼熊酒屋」「老虎」「悪い虫」「三…続きを読む
あかんやつら 東映京都撮影所血風録 (文春文庫)
春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文春文庫を読了。  僕のことを映画マニアとか思っている…続きを読む
待っていた女・渇き (ハルキ文庫)
 東直己『待っていた女・渇き』ハルキ文庫を読了。  私立探偵畝原を主人公とするシリーズの1冊目。シリ…続きを読む
長流の畔: 流転の海 第八部
 宮本輝『長流の畔 流転の海 第八部』新潮社を読了。  この長大な物語も、いよいよ終わりが近づいてき…続きを読む
ドンナ ビアンカ (新潮文庫)
 誉田哲也『ドンナビアンカ』新潮文庫を読了。  死人が出てから事件を解決するのではなく、事前に事件を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)