ぼぎわんが、来るの水無月・Rさんの感想

ぼぎわん、怖ぇぇ~!!圧倒的な暴力性、不可避な執念深さ、・・・怖ろしすぎて、ぐいぐい読まされてしまった。怪異として怖さ、人間の恨みや業の恐ろしさが相まって、怒涛の勢いで襲い掛かってくる。ラストの知沙の寝言・・・、あれ、あれだよね。ひぃぃぃ・・・。
★18 - コメント(0) - 3月6日

感想・レビュー投稿者

526冊/145680ページ/145レビュー/女性

水無月・Rさんの最近の感想・レビュー

忍者だけど、OLやってます (MF文庫ダ・ヴィンチ mewシリーズ)
楽しかった!任務のために冷酷無比になる忍者の里を嫌って、縁を切った頭領の娘・陽菜子が、会社と上司のた…続きを読む
迷える四姉妹
四姉妹の「迷える」というより「迷走する」日々を描いた連作短編集。4人とも、微妙に上手くいってなくて、…続きを読む
人外境ロマンス
「人外」なんていうと、不穏なものを感じてしまうが、本作の「人外」はとっても微笑ましい感じ。物語の最初…続きを読む
藪医 ふらここ堂
「面倒臭ぇ」が口癖の医者の三哲、娘のおゆん、おゆんの幼馴染で三哲の弟子・次郎助のいる、江戸の小児医〈…続きを読む
手のひらの幻獣
三崎さんの「設定ノート」が見たい・・・。私たちの世界と似て見えて、全く違う原理で成立している世界。民…続きを読む
夜行
まさか、モリミーの小説で「しみじみとした切なさ」を感じる日が来るとは思ってなかった…。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)