チョコレートコスモスのadothさんの感想

面白かったし新鮮だった。飛鳥の立ち位置は「脇役」だと思っていた。しかし中盤になるにつれて注目してしまうのは飛鳥である。物語は神谷、響子、巽の視点で書かれているのに、舞台の上での飛鳥のように注目してしまう。「影」のはずなのになぁ。うーんうまい。また細かい描写がスピード感を生み出しており、テンポよく読めた。半分読んだあたりで、オーディションで響子と飛鳥の直接対決の展開だろ?見えた!と思ったが、まぁそこは流石、いい意味で裏切られた。形は想像と違ったがオーディションで響子と飛鳥の目があったときは鳥肌が立った。
★16 - コメント(0) - 3月7日

感想・レビュー投稿者

55冊/18827ページ/男性/大学生・院生

adothさんの最近の感想・レビュー

夜のピクニック (新潮文庫)
爽やかだった。そしてサラッと読める物語。高校生最後の行事でおこる葛藤、覚悟。そのどれもが青春だと思っ…続きを読む
光待つ場所へ (講談社文庫)
これまで読んできた辻村作品の登場人物が存分にちりばめられている小説。 「しあわせこみち」では清水が生…続きを読む
POPEYE(ポパイ) 2017年 3月号 [二十歳のとき、何をしていたか?]
ジャスト20歳なので色々な方の話が聞けると思い購入。様々な年代、職種の方へのインタビューなので20歳…続きを読む
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質
「学ぶ」と「考える」を分けること。知識を得ることは一時的には優位になるが相手が知識を有してしまえば優…続きを読む
ロードムービー (講談社文庫)
「冷たい校舎の時は止まる」のスピンオフ作品ということで読んだが、どこから感想を述べればいいのか(笑)…続きを読む
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
とても分かりやすかった。活性化関数や損失関数など何をどこでどう使うかあやふやなことが、この本を読んで…続きを読む
ログイン新規登録(無料)