聖なる怠け者の冒険のぷちぷちさんの感想

だらだらと読んでいたら結局2か月もかかっていた。森見登美彦さんの本はいつもスイスイ読めてしまうのに、これはやたら時間がかかる。小和田くんと八兵衛明神があまりにも怠け者で、恩田先輩と桃木さんはマイペースすぎる。でもこの話、土曜日の1日の話だから。1冊丸々をたった1日の物語にしてしまうって贅沢だなと思う。
★6 - コメント(0) - 3月8日

感想・レビュー投稿者

90冊/33816ページ/女性/大学生・院生

ぷちぷちさんの最近の感想・レビュー

塩の街 (角川文庫)
再読。恋愛ものが読みたいと思って自分の本棚を眺めたとき、思いの外そういう類いのものが少ないことに初め…続きを読む
広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像 (中公新書)
『落日燃ゆ』での広田像があったから、これを読んで少し残念な気分になった。とはいえ、歴史小説と新書を混…続きを読む
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
どんでん返しに次ぐどんでん返し。後味は悪いのにもう一度読まなければ…!と思ってしまう不…続きを読む
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
昔、ドラマをしていたけどストーリーはほとんど覚えておらず、「奈良が舞台で玉木宏と多部未華子が出ていて…続きを読む
小説 秒速5センチメートル (角川文庫)
アニメで見たときは景色の美しさ、綺麗な音楽(主題歌もBGMも素敵)、キャラクターとマッチした声に感動…続きを読む
MOMENT (集英社文庫)
有馬さんはあれでよかったのかな。続きを読む
ログイン新規登録(無料)