ぼぎわんが、来るのうさっちさんの感想

玄関の向こう側から呼ばれても決して返事をしてはいけない。家にも入れてはいけない…。図書館予約で半年以上待たされただけあって面白い!1章のおじいさんと留守番からすでに怖い。各章で語り手が変わり、夫は「自分はイクメンで家族のために頑張ってる」と思っていても妻から見た夫は…。こういう「上辺だけの勘違い旦那」なんてけっこういそうだけど、そんな夫婦のスキマに「ぼぎわん」はやってくる。「ぼぎわん」とは違う意味で「夫の名刺」も怖かった。ポエムはイカン。
★36 - コメント(0) - 3月10日

感想・レビュー投稿者

1352冊/410251ページ/女性

うさっちさんの最近の感想・レビュー

あなたへ (幻冬舎文庫)
亡き妻の遺言により妻の遺骨を故郷である長崎の海に散骨するためキャンピングカーで旅に出る物語。映画は観…続きを読む
蛇行する月
20歳年上の既婚男性と駆け落ちした順子と彼女に関わった女性達の連作短編集。他人からすれば不幸にしか見…続きを読む
トンコ (角川ホラー文庫)
ホラー小説大賞短編賞受賞作。「トンコ」輸送車輌の事故で逃げ出した食用豚のトンコが兄弟を探してさまよう…続きを読む
ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)
アリスシリーズ6作目の短編集。「彼女か彼か」の蘭ちゃんのキャラが強烈で面白かった。短編集は好きだけど…続きを読む
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
現代と江戸時代を繋ぐ不思議な家を祖母から引き継いだ主人公・おゆうが江戸で起きた事件を現代の科学捜査で…続きを読む
築地の門出 ヤッさんIII
築地移転問題がメインですが、ヤっさんが襲われたり、結婚したばかりの弟子タカオが野宿生活に戻ったりと盛…続きを読む
ログイン新規登録(無料)