ぼぎわんが、来るのharassさんの感想

レビュで気になった作家の角川ホラー小説大賞の大賞受賞作。三章構成で章が変わると視点が代わり読者は意外なことを知る。伝承の解釈などありがちといえばそうだが新人でここまで書けるのなら大賞もおかしくないと思った。大賞を取るのは理由がある。なかなか楽しめた。おすすめ。他作品も読みたくなった。
★56 - コメント(0) - 3月10日

感想・レビュー投稿者

1154冊/357710ページ/1145レビュー/男性

harassさんの最近の感想・レビュー

エリーザベト・ニーチェ ─ ニーチェをナチに売り渡した女 (書物復権)
表題だけで借りてちょっと戸惑った。ニーチェの妹は反ユダヤ主義の夫とともに、パラグアイでドイツ系移民で…続きを読む
ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)
このベストセラーの出版時を思い出す。手に取る気になれなかったのだが、今さら代表作の一つに手を出す。長…続きを読む
古代史捏造 (新潮文庫)
「発掘捏造」の後日談をまとめたルポ。偽装石器を埋め込む瞬間をスクープする前書から、その後の考古学界の…続きを読む
現代思想の断層―「神なき時代」の模索 (岩波新書)
ベンヤミンの解説本で紹介されていたこの本が図書館にあったので借りる。ウェーバー、フロイト、ベンヤミン…続きを読む
男の子のための軍隊学習のススメ (ちくまプリマー新書)
中高年生向けの新書で、この本は旧日本軍の軍隊小説の入門書であると、すぐに説明がある。徴兵検査時のM検…続きを読む
踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ
批評家作家の著者による講演などをまとめたもの。ベンヤミンの翻訳についての解説本を読んだがはっきりしな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)