アドラー心理学を深く知る29のキーワード 祥伝社新書巻のKAKAPOさんの感想

監修の岩井俊憲氏は“はしがき”で『嫌われる勇気』以降「アドラー」を名乗る本をたくさん見かけるようになり、中には誤解・曲解を招きやすい内容の本も混在している中に投じられたこの本は、ミネソタのアドラー心理学大学院で修士号を得て、本場の最新のアドラー心理学について最も深く理解している梶野真氏による、アドラー心理学をしっかり理解するためのガイドブックとのことです。幸い、今まで読んできた岸見一郎先生の著書との齟齬は感じず、むしろあえて?インパクトのある言葉を使う岸見先生の言葉の方が頭に擦り込まれる感じがしました。
★29 - コメント(0) - 3月11日

感想・レビュー投稿者

906冊/253392ページ/男性/58/専門職

KAKAPOさんの最近の感想・レビュー

幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵 (講談社現代新書)
>人間の価値を生産性で見るようになったのは、人をものと見るようになったからである。「ものと見る」とい…続きを読む
「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書)
私たちは誰でも自分に価値があると思いたい。しかし、思いが挫かれる体験に出会い、自分は無価値だと思って…続きを読む
ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く
ブックオフ16号沼南店で偶然手に入れた本ですが、久しぶりに自分の人生に影響を与えてくれる良い本に出会…続きを読む
「満たされない心」の心理学 (新書y)
'10/10/5に読み終えた時より、今の自分に無くてはならない内容でした。アドラー心理学は…続きを読む
「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)
P111「感情の井戸」図5-1を見た時、私は、岸田秀さん+伊丹十三さんの共著『哺育器の中の大人』のP…続きを読む
本当に役に立つ「失敗学」 (中経の文庫)
上司が購入した本が、オフィスの書棚にあるのですが、文庫化されていたので、自分専用に買いました。失敗学…続きを読む
ログイン新規登録(無料)