越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫のBINさんの感想

BIN
村上義清二代ではなく、義清の孫である義明とその孫二代。義明の父が川中島の戦いで戦死後に母親のつてを頼って織田家に赴き、丹羽長秀に仕えて文武の才を認められ重用される。長秀死後は堀秀政の与力大名として最終的には越後村上で12万石の大名となる。養生和歌を書いたり、公家の烏丸光広や本願寺教如とも親交がある。関ヶ原の際には直江兼続の扇動による上杉遺民一揆があったというのを初めて知りました。松平忠輝改易の余波で村上家も改易になったのは勿体無い限りです。長秀時代から一緒に大名してきた溝口家は江戸まで続いたというのに。
★6 - コメント(0) - 3月11日

感想・レビュー投稿者

BIN
1100冊/361364ページ/男性/IT関係

BINさんの最近の感想・レビュー

上高地の切り裂きジャック (文春文庫)
御手洗シリーズ中編2つ。御手洗ものとは知らずに購入して読んでました。両方とも若干怪談じみたもの。タイ…続きを読む
史伝 源義経 学研M文庫
タイトル通り史伝ではあるが、初っ端元寇のときに源義経=チンギスハーンでその怨みが云々とあるので大丈夫…続きを読む
亜愛一郎の狼狽 (角川文庫 (5735))
亜愛一郎シリーズ1作目。主人公の亜は女性をとりこにするような長身容姿端麗だが挙動がおかしかったりする…続きを読む
古代エジプト 失われた世界の解読 (講談社学術文庫)
古代エジプト王朝の通史的なものを期待していたのですが、それはさらっと流してエジプト語や文化(ミイラや…続きを読む
武則天 (2) (講談社文庫)
第2巻は太宗が死に武照が立后されるまで。先帝お手付きの子なし宮女は尼に強制的にならされ、これは生きな…続きを読む
武則天 (1) (講談社文庫)
中国唯一の女帝武則天を描いた作品。全8巻と大作ですが、1巻は三代目の皇帝となる李治が太子になるところ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)