虹の歯ブラシ 上木らいち発散のおおかみさんの感想

固定客相手に援助交際を行う高校生、という探偵役の設定からしてどう考えても色物で、発生する事件もいちいち常軌を逸している。変幻自在でまさしく虹のごとし。しかし全体の構成はきわめて緻密で徹底して「本格ミステリ」であり、メフィスト賞らしさ全開だ。2作目にしてこの完成度は鬼才/奇才というほかない。
★7 - コメント(0) - 3月12日

感想・レビュー投稿者

437冊/122276ページ/男性/30

おおかみさんの最近の感想・レビュー

電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか
事件のあらましと長時間労働をめぐる諸問題を解説した一冊。まだ世の中の関心が高いうちに緊急出版されたの…続きを読む
ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワ文庫JA)
掴みどころのない作品だ。内実に迫ったかと思うと、フワッと逃げていくような。世界各地の紛争地を舞台に、…続きを読む
731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く (新潮文庫)
「731部隊」隊長の石井四郎はどう戦争犯罪へと進み、そしてどう戦後を過ごしたのか。石井四郎とはどんな…続きを読む
ポケモンの神話学 新版 ポケットの中の野生 (角川新書)
20年経っての復刊は、むろん『Pokemon GO』のヒットを受けてのものである。実際に多くのユーザ…続きを読む
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)
よもやここまで科学技術が進んでいようとは。それはまさしく「神の領域」。人類が足を踏み入れつつあること…続きを読む
罪の声
綿密な取材に裏付けされた構成力の高さは著者の本領だが、かの「グリコ・森永事件」を材に取った本書は圧倒…続きを読む
ログイン新規登録(無料)