塩の街―wish on my preciousの鳩さんの感想

角川文庫版は1年前に読了済。ブックオフのラノベコーナーで有川さんの名前があってビックリしたけど、デビュー作は電撃大賞受賞作でしたね。ストーリーは申し分なく面白くいです(欲を言うと角川文庫版にあるアフターストーリーがないのが△)。挿絵は、真奈は昔のkeyアニメのキャラみたいでかわいいけど、他は皆目が小さい同じ様な顔で好みじゃない。でも表紙はまるで白髪の様に描かれて、それが塩化をイメージできていいです。青臭くって、でもとてつもなく愛のある愛情です。塩害による機能の停止した社会...現代の大災害と繋がりますね。
★15 - コメント(0) - 3月12日

感想・レビュー投稿者

394冊/123904ページ/326レビュー/男性

鳩さんの最近の感想・レビュー

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))
再読。惹きつけられます。上手く言えませんが、しんどいとき、辛いときなんかに読むと、負の感情を吐き出せ…続きを読む
オリンポスの果実 (新潮文庫)
太宰を敬愛していた作家ということで田中英光に興味を持ちました。ロサンゼルス五輪のボートの代表選手で小…続きを読む
しろいろの街の、その骨の体温の
スクールカースト(いじめ)もの。カーストの頂点以外は何かやらかすと即降格、容姿が悪いと最下層という不…続きを読む
難民探偵 (講談社文庫)
就職が決まらないまま大学を卒業した証子は、祖母の紹介で叔父であり人気小説家の京樹のお手伝いとして就職…続きを読む
愛と苦悩の手紙 (角川文庫クラシックス)
太宰の手紙集。太宰の作品の変化と同様に、時期によって手紙に綴る言葉や雰囲気もずいぶん異なります。太宰…続きを読む
太宰治
井伏鱒二から見た太宰治。太宰の小説では当然ながら太宰視点なので、他者から見た太宰というものはとても新…続きを読む
ログイン新規登録(無料)