沈黙のIKRさんの感想

IKR
学生時代に読んだが内容について記憶がなく、最近映画の原作本としてよく見かけるのでもう一度読んでみることに。読後感は絶望感と言うか、とにかく重いとしか言いようがない。信徒が処刑される所は本当に惨い。なんでも自分達流に変換してしまう日本人とは思っていたけどキリスト教についてもそうなのかあ...。それにしても学生時代にこれを読んで忘れてしまう私ってどういう事なんだろう。内容が辛すぎて記憶を消去してしまったのだろうか。
★33 - コメント(0) - 3月12日

感想・レビュー投稿者

IKR
49冊/21676ページ

IKRさんの最近の感想・レビュー

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
曹操の存在感をより強く感じた巻だったと思う。劉備は突然感情的になる面があるなど徳の人という風には見え…続きを読む
李白と杜甫 (講談社学術文庫)
李白の寂しさは体の中を風が吹き抜けてゆくような寂しさ。杜甫の寂しさは押しつぶされそうになる寂しさ。杜…続きを読む
三国志〈3の巻〉玄戈の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
呂布の李姫との話、赤兎との別れ、そして最期。泣けた。この物語の呂布は強いが寂しげで、人間味に溢れてい…続きを読む
三国志〈2の巻〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
呂布にとても惹かれてしまう。他では見たことがないタイプの呂布。後は張飛がやっぱり好きだ。めちゃくちゃ…続きを読む
三国志〈1の巻〉天狼の星
再読。面白かった。劉備たち三兄弟や呂布の姿に心が熱くなる。登場人物みんなが魅力的で、読んでいてとても…続きを読む
エマ (下) (ちくま文庫)
下巻に入ってから、どんどん話にのめり込んでいくように読んだ。初期に感じていたエマに対するイライラのほ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)