罪の声のちゃぼさんの感想

フィクションなのかノンフィクションなのか、わからなくなるほど。いろいろと凄いとしか言えないです。
★27 - コメント(0) - 3月12日

感想・レビュー投稿者

135冊/40451ページ/男性

ちゃぼさんの最近の感想・レビュー

限界集落株式会社 (小学館文庫)
農業とビジネス、それに伴う人間関係が面白い。気持ちが昂りスカッとする本でした。続きを読む
神去なあなあ夜話 (徳間文庫)
前作を読んだり映画を観たひとは、楽しめること間違いなし。主人公が村に馴染んでいくのが楽しい。続きを読む
ヒミツがまる見え!  「おいしい!」 の断面 (Sanctuary books)
あのお馴染みの食べ物。いろいろな断面を見てみよう…だけじゃない!予想以上の情報量に驚き…続きを読む
首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)
首折り男を遠巻きに眺めている感じが好き。続きを読む
すごい自己紹介 (リンダパブリッシャーズの本)
「自己紹介がうまくできたらいいのに」なんて、まるで他人事のように考えてきた私。「どんなテクニックが&…続きを読む
抱きしめられたい。 (ほぼ日ブックス)
誰もが知っている言葉なのに、今まで気づけなかったことに出会える。続きを読む
ログイン新規登録(無料)