沈黙のはせがわ さんの感想

マーティンスコセッシ監督の映画『沈黙-サイレンス-』をいきなり観る勇気が無かったので原作から。評判通りの読みやすい文章と構成。私自身は全くの無心の徒ですが、なぜこんなにロドリゴの葛藤が心に沁み入ってくるのか、佐伯彰一さんの解説ですんなり理解した。純客観の書簡から、ロドリゴの純主観、ついで半客観という三部仕立てで引き込まれている見事な構成だった。“神の沈黙“という恐ろしく根源的な永遠の問いに、正面から向き合った作品。作者自身の底深い懐疑心もきっとあったのだろう。映画を観る勇気は、しばらく持てなそうです。
★69 - コメント(0) - 3月13日

感想・レビュー投稿者

186冊/56638ページ/143レビュー/女性/27/教員

はせがわ さんの最近の感想・レビュー

人間小唄 (講談社文庫)
いやー『告白』を気合い読書した後の自分でないと読み切れなかったと思う。実際去年挑戦したが挫けている。…続きを読む
にょにょにょっ記
相変わらずの安定した面白さ。穂村さんの脳内はほんと平和でぶっとんでますね。★リカちゃんワールドに目を…続きを読む
本を守ろうとする猫の話
神様のカルテ読んだことない組です。夏川草介さん初読みです。 まずもって、猫が喋る、それだけで素晴ら…続きを読む
八月の路上に捨てる
むかーしミカ!を読んだことがあるようなないような。ほぼ初めましての作家さんでした。芥川賞受賞の表題作…続きを読む
サロメ
『楽園』と『ゲルニカ』に続き原田マハさんのアートミステリー第三弾。オスカーワイルドの名著サロメとビア…続きを読む
告白 (中公文庫)
こりゃあどえらい本読み始めてしまった。まったく熊やんの思弁癖にどれだけちんたら付き合わにゃならないの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)