沈黙のno.123さんの感想

形式と実質。人間にすぎない生き物として。表面から判断しようとすることの限界。そんなことを考えさせられました。
★21 - コメント(1) - 3月13日
no.123
常識に認めてもらえないことと引き換えにつかんだ真実。真実が引きずる宿命的な受難。そういうものに思いを巡らすことができました。
- 03/21 14:53


感想・レビュー投稿者

79冊/33223ページ/男性

no.123さんの最近の感想・レビュー

カンガルー・ノート (新潮文庫)
現時点の優勢種には見えない本物の可能性。そこに立ちはだかる現実の壁。みたいなものが超現実的な流れの中…続きを読む
あかんべえ (PHP文芸文庫)
とにかくおもしろかった。発想、展開、含蓄、・・・。幽霊物は怖いという印象が強いのであまり好きじゃなか…続きを読む
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
2+2=5の世界というのは人対人の人間扱いを判断基準にできていない世界で、2+2=4の世界というのは…続きを読む
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5)
とっつきにくさから想定外の異次元の世界へと徐々に盛り上がっていく感覚が非常に良かった。「&lsquo…続きを読む
夜と霧 新版
重大で深刻なテーマに関してわかりやすく記述されていた。大変読みやすく「得たもの/労力」というのが非常…続きを読む
小説 君の名は。 (角川文庫)
青春時代の忘れ物みたいな、とりとめがなくやるせない喪失感の落としどころを、発展性を秘めた希望に込めて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)